木の家は、
呼吸を止めない。

生き続ける
居続けられる
そんな木の家

施工事例

現在事例はありません。

大工加藤工房舎
について

伝統の技を受け継いだ
’“飛騨の匠’”がいる大工集団

私たちは、新築・リフォームをはじめとした、建築に関すること全てに対応する大工です。
大工加藤工房舎には、京都などの寺社仏閣の建築を何度も手がけてきた「飛騨の匠」が在籍しており、日本家屋の伝統的な技術を受け継いでいます。
あなたの理想・憧れ・夢をお聞かせください。職人の目線からご提案をさせていただきます。

私たちが
木の家を建てる理由

大工加藤工房舎が木を極めた家を建てる理由は、一言で言うと「木が好きだから」です。
木目調のクロスを貼れば施工は簡単ですし、見た目もある程度再現されますが、
独特の味わいを楽しめるのは、木ならではのこと。これからも木にこだわって家造りをしていきます。

01

経年変化が楽しめる

木材は、時とともにあめ色の美しい艶が出ます。木の家は月日の流れを刻み、 魅力を増していきます。
02

五感で楽しめる

自然素材である木は、触れると心地良いもの。木の香りから、森林浴と同じ リラックス効果も期待できます。
03

温度・湿度を調節する

木は、周りの湿気に合わせて水分を調節します。断熱性にも優れているため、夏は涼しく冬は暖かいのです。

耐震性・断熱性抜群の
プレウォール工法を採用

コストを抑えながら、
安心安全な住まいを作る

大工加藤工房舎では、パネル工法の強度と在来軸組工法の自由度をあわせもったプレウォールを使用しており、高い耐震性、高気密・高断熱な家造りをしています。それにより、コストを抑えながら広々とした間取りや全館空調を叶えることができます。
伝統の技と最新の技術を融合させ、住みやすい家を作ります。
TOP